FC2ブログ

鹿をみる夜

tora01.jpg




先日、鹿の解体の一部始終をみた。そしてその全行程を撮影した。
実際、野山、あるいはそれらしき場所で行われる解体作業を、
都心の真っ白なギャラリースペースで観るという、まるでフィクションのような時間....
猪鹿庁のスタッフによる解体の手際の良さは、遠い昔からの狩猟の技なのか、
なによりも正確で美しいものだった。

いま恵比寿のトラウマリスで行われている、南風食堂『オオカミと娘』展で
貴重な『命をいただく』体験を是非。(4月15日までやってます。)

会期中、ギャラリーの一部に、山の神への感謝の気持ちを込めて祭壇が設置されている。
近々その祭壇に即興で作ったZINEを奉ろうと思う。
命に感謝。


☆ TRAUMARIS

スポンサーサイト