FC2ブログ

写真の力

e01_20110603231912.jpg



カメラマンの友達からメールがきて、今回の震災でつくづく写真が無力だと思った
と書いてあった。
自分が写真で何が出来るのか?という問いかけからのことだと思うが、
この事は写真を撮るスタンスのことで、
数多くの先人達が、その都度口にしてきたことだ。

今、写真にとってスゴく辛い時代だと思う。だからといってド派手なドラマを追って
地球の果てに旅をすることで、目指す出口が見つかる訳でもないだろう。
ただいつの時代でも、人は常に見た事も無い、新しい価値観を求め、驚きたいと思っている。
しかし、その気持ちから外れた、見過ごす様な何でもないことの方が日常遥かに多い。
その見過ごす様な何でもない微かな揺らぎを感じてしまうことが、写真を撮るという
不幸な作業の始まりなのだ(苦笑)。

今の時代に、あるテーマを!0年かけて撮ったとすれば、そのマジックはすでに効力を失う。
その中で唯一残るものがあるとすれば、それは普遍性”なのか?
いまその辺りで、写真は悩みながら、もがいている。
そこを突破するための最後のマジックは、己を信じる馬鹿げた勇気と覚悟?
決して根性論ではないので....笑。
スポンサーサイト