FC2ブログ

空の記憶

y02_20100815100837.jpg



8月15日が特別な日として記憶される様になってから65年が経つ。
むしろ経つらしいと言ったほうが正しいくらい、自分のなかでは
その日についての知識はあいまいで実感がまるでない。

65年前のその日から、日本は何が変わって何が変わっていないのか、
ふとそんなことを思いながら、テレビで流れる玉音放送を聞く。
当時の人にはラジオから流れる昭和天皇のコトバは、ガーガーと雑音が入り混じり
その内容はあまり良くわからなかったらしい。
ただその日の空は青かったことは確かで、むかし親父の癌の手術のとき、そのあいだ
外で待ちながら見上げた空もやっぱり真っ青で、その中をきれいな飛行機雲が横切っていた。
空の記憶って案外覚えているのかも知れない。

沖縄、何とかしたいですね。


スポンサーサイト