FC2ブログ

PanoraMarket

nayu01.jpg




会場は谷中のHAGISOです。
今回自分も参加します。
ZINEの販売もします。
遊びに来て下さい。
スポンサーサイト



Closing Party

vayi02.jpg

vayi01.jpg

vayi03.jpg



写真展『Culver City』のクロージングパーティーが六本木の
エレクトリック神社で盛況のなか終了!
9/7からはじまった写真展は無事に終わる事ができました。
観に来て下さった皆様、スタッフの皆様、本当に有り難うございました。
そしてクロージングのディレクションとカッコいいVj作品を作ってくれた
吉田くん、ベリーサンキューでした!


vayi04.jpg

bawn01.jpg

vayi05.jpg


☆ Let's meet again.
  

小さな祝祭によせて

今回、わがまま言ってお願いしました。
PUNCTUM TIMES の寺本さんが書いてくれたテキストです。
会場は勿論、写真集にも掲載されてますが
自分では、写真たちへのラヴレターだと思ってます。
熊野の光と、カルバーシティーの光が
ひとつに溶けあった気がして、とても気に入ってます。



小さな祝祭によせて

 手術【外科の医師が治療のため、メスや器械を用いて患部を切除するなどの 治療処置をほどこすこと。オペ】を受けた人なら少しわかってくれるかもしれないが、術後、麻酔から覚め、傷口の痛みに耐え、何日かを病室で過ごしてから退院し、「日常の世界」に戻った時の風景の見え方というのは、それまで経験したことの ない見え方がするのです。( 僕が手術を経験した 後はそうでした。もちろん、この 見え方も、傷が癒えるにつれて、だんだんと術前のような見え方に戻ってしま うのですが...... 。)
 とにかく光がきれいなのです。「美しい」のひと言なのです。まばゆい光とは こういうことを言うんだ、もしかしたら生まれて初めて見た光とはこういう感じ だったのでは、と思ってしまうほど、光への感応度( 光の官能度?)が高いのです。 そのあふれる光が、目に映るものすべてに等しくこぼれんばかりにーこぼれているかのようにーあたっていて、それらをどうにかしてCaptureしたくなる強 烈・猛烈な衝動が 湧き起こる。
極端なことを言うと 、もう何を写したってかまわない 。 道ばたの花だろうが、古びたビルの壁だろうが、忘れ られた空き地だろうが、何だっていい。 光に反応して、そこに降りそそぐ 光をすくい 取れていれば、それだけでうれしい。自己満足だけど、大満足。光があることのすばらしさ。自分の影がそこにあるという 奇蹟。Celebrate My Existance. 小さな歩行。小さな祝祭。
 斉藤さんの、「初めての写真」がここにある。斉藤芳樹という百戦錬磨の写真家の、記憶と細胞の歴史のなかにある原初の光がここに集い、この空間を照らし、ささやかで、控えめな、そして愛しげな祝祭のダンスがはじまる。もう 二度と戻ってはこない光のために。
Always Keep Light in Your Mind. Wherever You May Wander, Wherever You May Roam.


寺本 一生(PUNCTUM TIMES 編集発行人) 〜剥き出しの光の熊野にて

ART WORKS

baui01.jpg


今回の展示関係のアートワークは
写真集のデザインもしてくれたモリデザインの森治樹さん。
付き合い長いです。とても繊細です。


baui02.jpg




もう一つの展示

bau01.jpg

bau02.jpg



現在開催中の『Culver City』は、もちろんギャラリースペース
がメインですが、別のエリアにこんな感じで展示をしています。
二点とも写真集では未使用のもので
どちらかというと、この展示のやり方が自分流!
場所に合わせて写真を選んでます。
そんな訳で、これからいらっしゃる方は
ちょっと気にとめて観て下さい。