FC2ブログ

KIDS

c01_20101030220127.jpg
c02.jpg



やっぱり29日の天気はセーフだった。思わずニンマリ。

季節はずれの台風14号に備えてTSUTAYAでビデオを数本レンタルする。
その中の一本が『KIDS』。監督はラリー・クラークだ。
彼の作品は殆ど見てるけど、『KIDS』は懐かしいというか、もう5・6回は見てる。
だいぶ前になるが、ワタリウム美術館での『パンク・ピカソ展』は、滅茶苦茶カッコよかったし、
これも3回程見に行った。
手元にある、ラリー・クラークの写真集『The Perfect Childhood』も好きな一冊だし、
好きなモノは、どうしようもない(苦笑)。

そして、この『KIDS』が映画デビューの、クロエ・セヴィニーとくれば、
もう、言う事なし。
久しぶりに『KEN PARK』も見たくなった。

スポンサーサイト



晴れ男伝説

それにしても最近よく雨が降る。その上寒いし、今年の天気はマジでおかしい。
実は明日(29日)の撮影が、中止になった。俺は、大丈夫とプッシュしたけど、
やっぱり天気を心配したADは、中止を決定した。
天気予報によると、どうやら明日は太陽が出るらしいが........?

自分は晴れ男だ。その確率はかなりのもの。
でも、これって自分が声を大にして言った訳ではなく、
まわりがいつの間にか認定したことで、残念ながら雨男、雨女になった人もいる。
どちらにしても天気に関わる仕事でなければ、それほど気にすることではないのだが、
あのカメラマンは雨男だ!なんて言われたら、やっぱり気分は良くない。
もしも明日、予報通り晴れたら、俺の『晴れ男伝説』は、さらに強固なものになる(笑)。

撮影は、結局来週になったけど、きっとその日はスッキリした秋晴れになると思う。

ある日、突然

m03_20101026183058.jpg



Tan de repente 。 邦題が『ある日、突然』。2002アルゼンチン。
ザラついたモノクロームで、緩めなカメラワークが良い。

最近モノクロが気になっているけど、焼き込んだ『いかにもモノクロ』は好きじゃない。
デジタルワークでカラーをモノクロ変換したような何でもないトーンがベスト。
このDVDも何気なく借りてきたけど、最後まで一気に見てしまった。 







時間のしわざ

予想通り、制作中のジンの写真が気になり始めた。
2カットほど差し替えようかと思っている。
ちょっとだけ気になっていたことが、時間が経つと、かなりリアルなものになってくる。

時間といえば、久しぶりに友達の元旦那だった画家さんの絵を見にいって来た。
初めて彼の絵を見たのは、俺が20代の頃で、その時の絵も飾ってあった。
いったいその日から何年たったのか?、それは懐かしいというよりも、むしろ新鮮に感じた。
勿論自分自身の変化もあるが、そんな再会はわるくない。

気になる事はやはり見逃せない。
まぁーいいか.....なんてやり過ごしたものは、いつか必ず攻めて来るしね(笑い)。