FC2ブログ

QUIET

u02_20100526192634.jpg



人間の剥製、なんて検索してみたら、『エンバーミング』という言葉を知った。

亡くなったテレサテンは、このエンバーミングを施されていて、
その状態を50年は維持出来るはず......等々。
国民性とか、宗教の違いもあると思うが、日本の場合は火葬だし、
自分の父親のときは、告別式のあと、その日に納骨まで済ませた。
自分の地元では普通のことだが、日本の中でも、
この辺はいろいろと違いがありそうだ。

この剥製のような静かな眠りを見ていると、
写真集の『スリーピング・ビューティー 』を思い出し、
なぜか落ち着いた気持ちになる。




スポンサーサイト



TENT HOUSE

v01_20100526221953.jpg


ここの住人が拘ってつくったホワイトテント。
晴れた日の室内は、ディフュ-ズされた柔らかい光と影が、
ハレーションを起こし、ふわふわした気分になる。



シャンデリア

p02_20100523211512.jpg



シャンデリアは大好きだ。これを作った人の意図は別として、
俺は勝手にシャンデリアだと思っている。

いろんな問題を抱えている今の時代、
みんな言いたいことは山ほどあると思う。
今日も宮崎県では沢山の家畜たちが、殺処分のための
ワクチンをうたれている。
その数14万5千頭とか言っているが、それってとんでもない数だ。
お腹に子を宿す家畜たちもいたりするし、
改めて命のことを考えてしまった。

このシャンデリアの明かりを、見る人それぞれが
感じられたらサイコーだと思う。





PETER SUTHERLAND

p01_20100522012228.jpg
p02_20100522012247.jpg



ピーターサザーランドの写真展が、
ギャラリーロケットとギャラリーターゲットの
2カ所で始まった。
初日の夕方、原宿のギャラリーロケットにむかう。
一通り写真を見終わった頃、ちょうど彼があらわれた。
長身の身体を折り曲げるようにしてコンパクトなT-proofを
片手で扱う彼の姿はなかなかチャーミングで、
ZINEの話などをしながら写真を撮らしてもらう。
そしてその後に、何と彼のZINEをプレゼントしてくれた。
こう言うのって結構嬉しいんだよねー。
勿論サインをしてもらう。

それじゃーZINEにはZINEしかないだろーということで、
その日の夜、再び自分のZINEを持って、もう一つの会場の
ギャラリーターゲットに行く。



p09.jpg